会津大川でのフライフィッシング

今日は、会津若松市内を流れる会津大川(正式名称:阿賀川)のキャッチ&リリース区間で、数時間フライフィッシングをして来ました。

川の下流側を見れば、遠くには万年雪を冠する飯豊山の雄姿。

市内を流れる川としてはロケーションもなかなかのもので、雨上がりのせいかゴミも少なく水質も良好でした。

アクセスが容易で川の環境もまずまずとあれば、平日でも釣り人の姿が見られるのも納得です。

 

会津大川より飯豊山を望む

 

記念すべき1匹目は良型のヤマメでした。

成魚放流されているはずですが、そうとは思えない立派なプロポーション。

体高がスゴイ!

このご時世、天然魚でこのサイズを釣るのはなかなか難しいので、これはこれで価値があります。

 

会津大川のヤマメ

 

東の方へ目を向ければ、会津磐梯山の雄姿。

景色を楽しみながら広い川で伸び伸びとループを描けるのは、渓流とはまた違う楽しみがあります。

サルやクマの心配もありません。

 

会津大川から会津磐梯山を望む

 

2匹目は50cm近いレインボートラウト(ニジマス)でした。

このキャッチ&リリース区間の主役です。

これまた成魚放流とは思えないプロポーションの通称ヒレピン。

天然魚でこのサイズを釣ろうと思ったら北海道へ行かなければなりませんから、これはこれで貴重です。

顔つきからしてメスでしょう。

 

会津大川のレインボートラウト

 

そして3匹目も立派なヤマメ。

なかなかイカツイ顔をしていました。

放流魚なのに迫力があります。

 

会津大川のヤマメ

 

買い物ついでに立ち寄れる川で、これほど釣れるのはキャッチ&リリース区間ならでは。

今回はライズがほとんどなかったのでニンフで釣りましたが、ヒゲナガカワトビケラとオオヤマカワゲラらしき姿を見かけたので、今度はドライフライで釣ってみたいものです。

#10〜8のドライフライなら、きっとライズも迫力があるはずです。

 

なお、会津大川のキャッチ&リリース区間はアクセス方法が限られるので、事前に調べてから出かけた方が良いでしょう。

遊漁券は、会津若松市の釣り具店で購入できます。

手軽FF

 

ペンション山の便り


| 1/8PAGES | >>